フィリピン留学から世界へ

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリします。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

いよいよフィリピンへ!前編






さぁ、いよいよ日本を飛び立ちました。



もう後戻りも言い訳もできません。

英語の生活がスタートします。







フライトは関空から。







2度目の海外ということで、空港ではバタバタしました。









まずWi-Fiが全然繋がらない、、、。






わからないことをケータイで調べる癖がついてしまっている自分には、絶望的でした。


なんとか相方さんのケータイを借りてあれこれ試しましたが、繋がらず、、。


いやー、これ現地着いてから繋がらなかったら、どーしよー。







でも、なんとかその場所が通じにくかっただけのようでした。


はぁ、焦ったー。








着いたらチェックイン。

ウェブチェックインというのをしておいたんですが、結局スタッフに聞いてもわからず、あまり意味がなかったです(笑)



20分程並んで、無事にチェックイン。

35kgの荷物を預け入れを設定していたのですが、結果は25kg。

一番大きめのサイズのスーツケースでも、こんなもんなんですね。

次回はもっと荷物を減らせそう。




続いて外貨の両替へ。

フィリピンペソのレートは1ペソ=2.75円でした。

上弦の10000ペソを両替して、さぁ準備は整いました!





残りは1時間ほど。

最後のご飯はラーメンにしました。

おいしいラーメンではなかったけれど、もう海外ではこんなラーメンにはありつけないんでしょうね、、、。








ラーメン屋を出て、残り20分。


相方さんと一緒に座って待ちました。

8月にオーストラリアに来てくれるとのことなんですが、まぁざっと4ヶ月はお別れです。


最近涙腺が緩いんですよね。

必死に隠したけど、ばれました。


あ〜、恥ずかしかった( ̄▽ ̄)


こういう感動するような場面って、

泣けるかな?

って思いながら、結局いつも涙は出ないんですよね。


でも今回は、ダメでした。









寂しいな〜。

心配です。

元気で、怪我も病気も事故もなければいいんですが。

日本にいたからって、安心じゃないですからね。


仕事も大変やろうし。

電話かLINEとかでしか聞いてあげれへんのやな〜。










相方さんと別れて、荷物検査へ。

並んで、荷物検査にたどり着いた時点で、フライト15分前。


え、、、やばくない?

15分前って乗れるん?






さらに、


「パソコン出して、もう一度スキャンしますので、お待ちください」







、、、早くして!!






そっから出国審査に並び、

間に合うか?というところ、


今度は中間ターミナルまでモノレールに乗り込む!


やばいやん!もう無理やん!





相方さんに


「やばい、間に合わんかも」


ってがちメッセージ。










本当に8割諦めました。






でも、なんとか3分前に入れた!





「はぁー、ギリセーフ」




って送って、機内へ。





「行ってきます!」





はもうWi-Fiが飛んでいないのか、送れていませんでした。








と、いうような搭乗でした。




後編へ続くw

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。