フィリピン留学から世界へ

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリします。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

飛行機キャンセル、、、





深夜1時30分。

ようやく停電が直りました。








しかしその後、2度の停電に見舞われます。


もう何が起きても驚かないですわ。








チケットの預け入れ手荷物が20kgになっていて、めちゃくちゃ焦りました。

またオーバーしてるだの、荷物減らせだの、お金を払えだの英語で言われると思うと、ぞっとします、、、。


もう思いつきでスーツケースの本を出して測ったら6kg。

それを出したら19kgになる!


ということで本は空港に置き忘れることにしました。








と、少し心が軽くなってきたところで、またもや停電。

もう荷物預け入れのカウンターは目の前です。


そっから小一時間くらい待ちました。

地べたで寝られるくらい。

電力は復旧せず。




そして、何やらアナウンスが。




わからないので、スタッフさんにカタコトで聞きました。


「Take off time, change?」


すると、何やら書いてくれました。


「Rebooking within 30 days

(without penalties or full refund)」







つまり、飛行機がキャンセルになりました。




、、、



、、、



、、、







加えて停電でWi-Fiが繋がらなくなりました。


孤立。





、、、



、、、



、、、









はぁ。

とりあえず日本人探そう。


がしかし、アジア人は全部韓国の人に見えてしまって、声がかけられない。









なんとか電気が戻ったようで、Wi-Fiが復活。

安心感半端ないっす。












学校の人へLINEで連絡し、対応を考えてくださることに。

日曜の朝早くからほんとすみません。









がしかし、やっぱりマニラで相談してくれとのこと。

学校の方が長い長い行列に長い時間並んでくださったのに申し訳ない。








ということで、英語で勝負です。




カウンターらしきところに行って、


I want .Rebook.

Ticket. Change.


と単語で伝えたところ、

電話をしろと言われました。


No celphone.


と伝えたら、Ticket officeへ行けと言われました。



しかし、入り口のお姉さんに何を伝えてもNoと言われます。

その他は何を言われているのか、よくわかりません。

そして、常にへらへら笑いながら近くのお姉さんとタガログ語で何やら話しています。



いらいら



もういいです。









お金が返ってくることは諦めて、トラベルコでチケットを取り直すことに。


明日の早朝の便を見つけ、19000円でした。

、、、まぁしょうがない。


しかしまた、途中でエラーになって、進みません。







トラベルコもダメ。

とことんうまくいかないなー!









やっぱり日本人を探すしかない。


勇気を出して、日本人らしき男性に

「Are you Japanese?」と聞くと、


「Yes.」


やった!



だがしかし、聞き間違いだったようでやっぱり「No.」でした。


「Sorry. sorry.」と伝えて退散。









そして遂に「ナンプレ」をやってる男性を発見!

間違いありません!日本人の方でした!


もう涙が出そうでした。

やっぱり日本人は暖かい。


言葉が通じるからでしょうか?

いや、違うと思います。

やっぱり日本人の暖かさでしょう。






その方の話によると、今日の朝の便が夕方に振り替えられるとのこと。

しかも、チケットは同じものでいけるそう。

本当だったらラッキー!奇跡!!







そして、一緒におられたフィリピン人のお姉さんが一緒に空港に確認しに来てくださいました。

結果、セブパシフィックは明後日まで便がないそう、、、。



でもフィリピン航空は13時20分にあるそうです!

しかも、チケットを取りに行くのにまで、ついてきてくださいました。



無事にチケットをとることができ、先の見えない不安がなくなりました。

もう本当に本当に感謝です。

なんて自分は出会いに恵まれてるんでしょう。

本当にありがとうございました。




空港に2泊することになり、入校も遅れますが、やっとのことで学校へ行けそうです。

まぁでも20時間の空き時間をどうやって過ごすかですよね。






っていう話をしていたら、相方さんが電話をしてきてくれました。

もう今までの疲れとか、大変さがスッとなくなります。

本当に感謝感謝です。



海外でもLINEで電話できるってすごいですね。







夜ご飯は、

やっぱりそろそろ食べておかないとダメでしょう。

Jolibee!!





、、、いや、これはね。

ぼったくられたわけじゃないですよ。

僕の英語力が乏しいのが悪いんであって、、、。


3ヶ月後、見てろよJolibee!!




おにぎりみたいやったんで、2個は夜食にします。










さぁ、11時のチェックインまで17時間半、時間と眠気と戦います!!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。