フィリピン留学から世界へ

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリします。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

オスロブ〜野生のジンベイザメと泳ぐ〜






どうもこんばんわ(^^)








今日はセブ島のほぼ最南端、オスロブについてです!



オスロブでは野生のジンベイザメと泳ぐことができます。

そして、野生のジンベイザメの餌付けに世界で唯一成功した場所だそうです。

悪天候の日以外は、ほぼ100%ジンベイザメに出会えるという好条件!



ドゥマゲティから出発して、往復の交通費、昼食代も含めて1500ペソくらいかと思います。



オススメの場所ですが、いくつか注意点もあるので、紹介していきますね。








僕たちはほぼ1日かけてオスロブに行きましたが、ドゥマゲティに半日で帰ってくることも可能です。

そして、オスロブに行くなら近くのスミロン島に行ってみるのも良いそうです。








まず、朝はできるだけ早起きをしましょう。

ジンベイザメの餌付けは午前中ということで、13時には終わってしまいます。

めちゃくちゃ人が多くて、待ち時間も長かったので、できるだけ早く行くことをオススメします!

ちなみに僕らは9時くらいのフェリーに乗りましたが、ほぼ最後のグループでした。










ドゥマゲティを拠点として、フェリーで向かいます。




フェリーはドゥマゲティ港ではなく、シブランという港から出ています。

ドゥマゲティからトライシクルで20分くらいでしょうか?

ちょっと遠いので、値段交渉も少し高めですが。

(一人20〜30ペソくらい?)




フェリーは60ペソでした。

おそらく高速船なので、この値段ですが40ペソのフェリーもあるそうです!

行き先はリロアン港だったかな?

(オスロブに行きたいと聞いてみてください!)















リロアン港につくと、すでに海の水が格段にキレイです!

見渡す限りどこの海もキレイでした。





さあ、ここからオスロブに向かうわけですが、僕たちはトライシクルに乗りました。

ドゥマゲティと違って、小さめのトライシクルです。

値段は「50ペソ」と言われましたが、アニキが交渉してくれたら40ペソになりました。

とりあえずフィリピンではなんでも値切ることが大切です。

たいがいがぼったくり料金ですからね。


「40ペソでも高いな〜、、、」と愚痴っていた僕たちでしたが、向かって見ると結構遠い。

30〜40分くらいかかったかな?








到着したら、まず受付みたいなところでお金を払います。

国籍を聞かれますが、外国人は一律1000ペソです。

※シュノーケリングの料金です。


ちなみに500ペソくらいで、カメラも借りられます。


そして、ロッカーに貴重品を入れます。

僕はここで水着とタオルとゴーグル以外全部入れちゃったんですが、この後移動してから待ち時間があるので、Tシャツとかは着ておいたほうがいいかもです。








その受付から、ちょっとだけミニジプニーで移動します。


ビーチに到着!

少し沖の方にボートが大量に浮いています!

その数40〜50台。

どうやらあそこにジンベイザメがいるようですw

思ってたよりも近くにいるもんです。

なんなら泳いで行けそうなくらい。







まず、ジンベイザメに触ってはいけない・ジンベイザメに近づいてはいけない・船から離れない、などの説明を受けます。


その後、1時間半くらい待ちました。

長かった〜、だって人が多いんだもの、ものすごく。

一人1000ペソって考えたら、すっごい儲けですよ〜これ。






暇だったので、少しビーチで泳ぎました。

それにしても、セブ島ということで日本人もたくさんいました。

なんだかこんなに日本人に出会うのって新鮮です(笑)







そしてやっと自分たちの番です!

フィンとゴーグル、ライフジャケットをもらい、ボートに乗り込みます。







ポイントについてしばらく待つと、、、


いた!いましたよ、ジンベイザメ!

あの海遊館とか、美ら海水族館とかにいる、まさにあれです!


そして、やっぱりガラスがないと、ちょっと怖い(笑)

触っちゃダメとか言われたけど、気づいたら背後にいたりするんです。

触るしかないでしょうw


思った以上に皮膚は硬くて、僕らのことをきにする様子は全くありませんでした。

触っても無反応、なんなら邪魔だと言わんばかりにエサめがけてゆっくりと泳いでいきます。



ボートは30分くらいとまっていてくれます。


何十匹と見られたわけではありませんが、どれも大きくて、一緒に泳げたのは貴重な経験でした。











その後は、近くにあったレストランでご飯を食べました。

カレーがとてもおいしかったです!

値段もそんなに高くなく、海も見れてなかなかオシャレなお店でした。













そして、さっきのトライシクルの運転手が待っててくれたようなので、もう一度乗せてもらって港へ。


せっかくキレイな海があって、帰るのがもったいない、けどスミロンまで行くのもめんどくさい僕たちは近くのプライベートビーチへ。

利用料は30ペソです。


潮の流れが強かったですが、とてもキレイで魚も見られました(^^)









のんびりしていたら、なんだか急に「自分は何してるんだろう」と感傷にひたるタイムに入ってしまいました(笑)

日本のみんなは今頃仕事がんばってるのに、ただ毎日だらだら過ごして、酒飲んで、休日は遊びまわって、、、。

こういうことを考えるのが良いのか悪いのかはわかりませんが、自分もこの留学で何か大きなものを得て帰らないとな、と思います。

勉強がんばらないと、って。











そんなこんなで夕方にフェリーに乗り込み、ネグロス島へ帰りました。

ちなみにフェリーの切符は、どの時間帯のものにも乗れるようだったので、少し早めに帰ることができました。














これで、とりあえず我が校の人気3大スポットの

・シキホール

・アポ

・オスロブ

は制覇しました!












しかしまだまだ

・マクタン島でのダイビングライセンス

・ボホールアイランド〜世界遺産チョコレートヒルズ〜

・ネグロス島の思い出

と紹介していこうと思います!












ではまた次回の更新で(^^)!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。