フィリピン留学から世界へ

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリします。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

日本一周の話〜東日本編②〜「山形の出会い」



東日本半周旅の2日目から書いていきます(^^)


手短にサクサク行きたいと思います!









石川の次は富山へ。







こういう自然というか、秘境チックなところ、大好きです。





なんという滝か忘れてしまった、、、


日本一落差のある滝だそうです。




称名滝(しょうみょうのたき)でした(^^)

冬に行くと、日本の滝ができて、さらに凄いそうw








ちなみにラーメンも大好きです。



富山ブラック。








その後、新潟を通って北上します。


と、言っても長い長い新潟県、、、


海沿いをひたすら走りますw







途中サービスエリアで魚を食べたり、





お土産を買ったり。









長〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜い新潟を抜けて、山形へ。









山形県では、とっても良い出会いがあり、山形が好きになりました。








立石寺というお寺に行こうとした話。







せみ塚がある、松尾芭蕉ゆかりのお寺だそうです。





1000段の階段を登っていくお寺なんですね〜。











立石寺に登る前に、玉こんにゃく屋さんがあったので、おばちゃんから玉こんにゃくを書いました。


ついでにここが芭蕉のゆかりの地なんだというお話をしてくれました。


ちなみに山形県は玉こんにゃくが有名だそうで、1本に3個刺さって、100円でした。


おばちゃんにお礼を告げて、いよいよ山を登ろうとしました。






が、まさかの入山料が!


財布を探ると、残金は250円。

入山料は300円。





た、足りない、、、






ということで、さっきのおばちゃんに「近くに銀行はないですか?」と相談してみました。







このへんは田舎なので、銀行もコンビニもないとのこと、、、








どうしようか、、、










悩んでいるところへ、おばちゃんが、

「こっちへおいで」と。









ついていくと、何やらレジをゴソゴソしでして、



1000円札を取り出して、



「持っていきなさい。」






!?









いや、いただけません。









よろしければ、玉こんにゃくを50円まけていただけないでしょうか?




「何があるかわからんで、持っていきな。」




でも、、、






「将来、お嫁さんを連れて山形来たら、また返しに来て。」









あ〜、人の優しさってこういうことなんなやと思いました。

見ず知らずの若者にこんな暖かくしてくれる人がいるんやなって。


深い話とか、いい話とかって、テレビやらネットやらでやってるけど、本当にこんなに暖かい人に出会うのは初めてでした。




必ず返しに来ると誓って、ありがたくいただきました。

必ず将来もう一度山形を訪れます。






そのもらった1000円で、無事に立石寺に登ることができました。






1000段登った先にあるお寺で売っていた、ペアの縁結びのお守りを800円で買い、下山。










なんて幸せな日なんでしょうか。

旅での人との出会いっていいな〜、と素直に思いました。




この出会いは一生忘れないし、一生自慢話のように語っていきたいと思います。










そんなこんなで、大好きな山形から旅は続きます。





また次回に(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。