フィリピン留学から世界へ

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリします。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

日本一周の話〜東日本編③〜なまはげ



昨日、遅くまで仕事をしていて3時間睡眠だったので、すごく眠たいです。






が、がんばって書きます!








東日本は山形まで行きましたね。








もう一つ山形の素晴らしかったところ、


この旅で3本の指に入る絶景です。





山形から秋田にまたがるブルーライン。

なんのことはない山道をひたすら登っていきます。





(全然景色を見えへんやん、、、)




と、思っていると、、、






廊下の角で隠れて驚かそうとしている子どものように、その景色は突然現れました。



はい、写真では微塵も伝わらないのが申し訳ないです。

「地球が丸い」ということを、生まれて初めて実感しました。


車でしか行けない絶景、是非レンタカーを借りてでも行ってほしいです(^^)









そして、そのまま秋田へ入ります。



秋田と言えば、男鹿半島「なまはげ」!




噂をすれば、さっそく現れましたよw


桃太郎電鉄でよく見かける、あのなまはげですよねw








僕は、そんな風にしか、なまはげを知りませんでした。

そう、桃太郎電鉄でしか。








でも、男鹿半島でなまはげを知って、見方が変わりました。



舞台はこちら、「なまはげ館」。





なまはげは、男鹿半島の大晦日に現れます。

子どもを泣かしに現れるんですよね。

そりゃ、怖いですよね。あんなの来たら。



こんなのです。


子どもが泣き叫ぶ様子が想像できますよね。






でもね、なまはげって悪いやつじゃないんですよ。







実は、災いを払ってくれる使者なんです。


「悪いごはいねがー」「泣く子はいねがー」って言いながら、怠け者を恐怖で震いあがらせるんです。


そして、家では丁重になまはげをもてなし、料理やお酒をふるまったりします。







そんなこと全然自分は知らなくって、ただの鬼のキャラクターくらいにしか思っていませんでした。




でも改めてなまはげのことを知って、


これって日本の大切な文化なんだな〜って思います。


生で見てみたいですが、なかなか大晦日なんて行けないですよね。








代々この地でなまはげの恐怖に震えて育った子どもが、大人になってなまはげの面を被り、怠けている子どもを叩き直す。


なんか、いい文化ですよね。



なまはげ、とっても好きになりそうです。









秋田も素敵なところだったな〜









と、いうわけで、次回はいよいよ北海道へ渡ります(^^)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。