フィリピン留学から世界へ

フィリピン留学を経て旅した各国の様子を書いていきます。

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリ、南米、アメリカ旅と続きます。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

独自ドメインでもブログを作ってみました。
「はらブログ〜フィリピン留学から世界へ〜」
http://haragh.com/

アポ島〜海ガメと泳ぐ〜








こんにちは!









今回はアポ島に行ったときの話です。


世界的でも10本の指に入るダイビングスポットであるアポ!
ここでは海ガメと一緒に泳ぐことができます!









ダイビングスポットとしてご存知の方もいるかもしれませんが、実はドゥマゲティからだと、とってもアクセスが良いんです。




ダウンタウンにダイビングショップがあるので、前日までに予約を入れておきましょう。




そして、お値段なんと1000ペソ!
2500円くらいです!
(シュノーケリングの値段)
ビーチ〜ダウンタウンまでの送迎もついて、お昼ご飯もついて、フィンとシュノーケリングの貸し出しも込みでこのお値段です。




海の上で、スポットを3箇所まわってくれます。
ドゥマゲティに帰ってくるのは4時か5時くらいになります。
(※島には上陸しません!)




船の上には水とか、コーヒーとかバナナまで用意されてます。
(ちなみに昼ご飯はかなりおいしくないので、心配な方は持参を。笑)




自分で行くこともできるようですが、まあ交通費の値段交渉やら、船の交渉やらで結局高くつく場合があります。











当日、まずは朝早起きをして7時くらいに起きます。
8位時くらいにダイビングショップに集合だったかと思います。









ちなみにダイビングショップの前にパン屋さんがあるのですが、小さなパンが2個4ペソから買えます。
結構おいしいです(^^)
(肝心のダイビングショップの名前はわかりません、、、)





そこでサインやら支払いやらを済ませ、フィンとゴーグルをレンタルします。
レンタル道具がいるかどうか聞かれるので、一応全部借りておきましょう。






そして、ダイビングショップのジプニーに乗り込んで、ダーウィンの港へGO!


人数が多い時は、港についてからの待ち時間が長いそうなので、後から乗ったほうが良いとのことです。










港について、少し待ってから船に乗り込みます。
そんなに大きな船ではないですが、トイレはついてます。
でも済ませてから乗るのが無難でしょう。


※船に乗る時に水に浸からなければならなかったので、服やケータイに注意。












そして、3箇所のスポットをまわります!




まず、1つ目のスポットですが、、、
さっそく海がめを見つけました!
生まれて初めて海がめと一緒に泳ぐことができました。
もう感無量です、、、。




ライフジャケットとシュノーケルの管を外して行ったので、潜るのも簡単で、海がめを追いかけられました。


ただ、日本とは違って危険だなんだと言われない代わりに、どこまででも泳いで行けてしまいます。
無理をせず、泳ぎに自信がない人はライフジャケットをしっかり着た方が良いかと思います。
あと、船の特徴をしっかり覚えておきましょう。
いざ、疲れ切って船に戻ったときに違う船だったら、また長い距離を泳ぐことになります、、、。









2箇所目。



うーん、正直ここは微妙でした。
潜るには深すぎて下が見えないし、少し泳ぐとゴミが浮いていたりして、、、。


と、いうわけで休憩も兼ねて船の上で日焼けすることにしました。
お昼寝タイムです。
(このあと、後悔するくらい真っ黒になる。)




ここでお昼ご飯もでてきました。
焼きそばもどきで味がなく、ゆで卵がついてます。
せめて塩かマヨネーズが欲しいです。
食べましたが、まあ、まずいです(笑)










そして、3箇所目!



ここが個人的に一番よかったです(^^)
海ガメも2回見られました。
1匹おいかけて泳いでいたら、もう1匹とすれ違った感じです。



水が澄んでいて、サンゴもあり、深すぎず浅すぎずで、潜るのにも十分です。
僕は素潜りが好きなので、とても楽しめました!





さすがに3箇所目となると、疲労もたまってきていたので、後半は船の上でのんびりしたり、みんなで飛び込みの練習をしたり(笑)













そんな感じで2時か3時くらいまで自由に泳ぐことができました。
帰りもダウンタウンのショップまで送ってもらえるので安心です。





アポは本当にキレイで安くて、何より日本ではこんなに自由に泳げないのではないでしょうか。
ドゥマゲティに足を運んだ際には、絶対に訪れて欲しいスポットです!



僕もまたいつか、今度はダイビングをしに戻ってきたいと思います(^^)














ではまた次回の更新で!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。