フィリピン留学から世界へ

フィリピン留学を経て旅した各国の様子を書いていきます。

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリ、南米、アメリカ旅と続きます。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

独自ドメインでもブログを作ってみました。
「はらブログ〜フィリピン留学から世界へ〜」
http://haragh.com/

スラムでのボランティア






お久しぶりです、2年ぶりの更新になります(^^)


久しぶりに記事の続きを書こうかと思います。








今僕は日本に帰ってきて、日本で仕事をしています。






記事のその後は、フィリピンで3ヶ月間の学校生活を終え、オーストラリアに向かいました。
そこで3ヶ月半、英語を勉強したり、ラウンド(オーストラリア一周)したりしました。




その途中で南米に行きたいという思いが芽生えて、南米に飛び、アメリカでフィリピン時代の日本人の仲間たちと集まって少し旅をし、日本へ帰国しました。





そんなエピソードを思い起こしながら記事にしていこうかと思います。








更新が続けられるかはわかりませんが、長い目でお付き合いください。














もう少しフィリピン編、お付き合いください。









今回は、僕が参加したボランティアのことです。






学校で3ヶ月間同じ部屋で過ごした戦友のD(英語バッチリ話せる上にスペイン語まで喋れる天才くん)と「ボランティアがしたい」という話になりました。



そろそろ普通の日常にも飽きてきていた頃でしたかね(笑)



ということでインターネットを通じて現地のボランティア探し。



孤児院みたいなところとか、探してみたんですが、あまり自分では見つからず。


(というか、全部英語なのでわからないことも多く、、、)


結局Dが見つけてくれました!笑





どんなボランティアかというと、


ライオンズクラブという中国人のお金持ち(?)の人たちが集まっている団体で、ダウンタウンのスラムの家族に日用品を配るというもの。


Dがそこの代表の人とコンタクトをとってくれました。






まず、当日までに日用品を袋詰めにしないといけないということで、お手伝いに行きました。


袋に詰めるものは、シャンプーや石鹸、洗剤、サンダルなど。


結構な量の割に、この人ひとりで詰めるつもりだったらしく、思ったより大変でした。





しかし、ここで日本人魂炸裂!


いかにボランティアと言えど、手を抜かず、効率よく袋詰めしていきます。


あっという間に終わらせました!








そして、お手伝いをしたお礼ということで、夕食をご馳走してくださることになりました。


その中国人の方の大きな車に乗って、こじんまりとしたおしゃれなレストランへ。


割と学校から近い場所にあり、こんな店あったんだ、という感じ。


シェフの方がヨーロッパ系の人っぽく、何やら高級そうな雰囲気です。




メニューを見ると、wagyuやクロコダイルが!



クロコダイルと非常に迷いましたが、結局久しぶりに食べられる和牛には勝てませんでした(笑)


めっちゃくちゃおいしかった!
フィリピンでこんなにおいしいステーキが食べられるとは!


ボランティアさせてもらうのにこんなにいいもの食べさせてもらって、なんだか罪悪感ですが、ありがたくいただきました。










そして、ボランティア当日をむかえました。



迎えに来てもらって、スラムの近くにある協会に向かいます。


今日はたくさんのライオンズクラブのお仲間さんがいます。






スラムのご家族さんたちがたくさん集まってきました。





家庭に一袋ずつ、昨日詰めた日用品を配ります。




↑ちなみに配っている人の横にいるおじさんは、先日の和牛の店のシェフの方です。






僕らはダンボールを運んだり、お手伝いをしました。







でも、何より今日来てよかったのは、スラムの子たちと関われたことです。



英語はなかなか通じませんでしたが、ジャパニーズ「もしもしかめよ」でコミュニケーションをとります(笑)
言葉も通じないし、住んでいる環境も全然違うけれど、やっぱり子どもは子どもらしさを持っています。
楽しいことをしたい。っていう思いは万国どんな場所でも共通なのかなと感じました。








とってもいい経験をさせてもらったボランティア活動でした(^^)










×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。