フィリピン留学から世界へ

フィリピン留学を経て旅した各国の様子を書いていきます。

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリ、南米、アメリカ旅と続きます。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

独自ドメインでもブログを作ってみました。
「はらブログ〜フィリピン留学から世界へ〜」
http://haragh.com/

ダーウィン①〜優しいおっちゃんとの出会い〜








みなさんお久しぶりです、はらです(^^)


更新がしばらくできていなくてすみません、、、






今回は、エアーズロックのツアーを終え、ダーウィンに飛びます!


アリススプリングから飛行機に乗ります。







オーストラリアと言えばQANTASですね。
カンガルーのロゴが印象的です。








機内食がおしゃれでおいしい!






広大な砂漠の大地を飛び立ちます。
さらば、アリススプリグ!
さらば、エアーズロック!









ダーウィンに到着しました。


なんだかアボリジニの壁画のようなモチーフの天井です。






相変わらずの良い天気で、暑いです。
季節は9月、冬のはずだけど、やっぱり北は暑い。








一般の車道の制限速度が110km!
さすがは海外。







こんな鳥もいます。
黒いにわとり?違うなw








ダーウィンでは、着いてすぐに素敵な出会いがありました。


空港から街までは距離があって、バスで移動します。
バス停に行こうとバカでかいスーツケースを引いて、汗だくで歩いていると、横を通りかかった車の男性が声をかけてくれました。



宿の名前を言うと、
「うちの近くだから乗って行きなよ」と!



なんて優しい!
なんて良い人!



日本で街をさまよって歩いていても絶対にこんな人はいないだろうな。
日本だったら不審者扱いだと思います、、、。



オーストラリアって素晴らしい。ありがとう、おっちゃん。





お言葉に甘えて宿まで送ってもらうことに♪


近くのオススメの場所や、ご飯を食べる店がある通りを紹介してもらいました。


無償でこういうもてなしができる人柄、僕も見習います。









宿に荷物を置いて、散歩にでかけます。



街はこんな感じです。
小さな街で、飲食店が集まっている通りには小さな水族館(?)みたいなものもありました。




海の方へ行くと、なにやら芝生の広場になにやらモニュメントが立っています。






街の中にもモニュメントが。
どうやら戦争に関するもののようです。






Japanese Attackの文字が。
え、日本とオーストラリアが戦っていたの?
この時、無知な僕はこんなことしか思えなかったのです。








車のおっちゃんに教えてもらったビーチへ。
夕日がきれいに見えるスポットだそうです。







誰もいないプライベートビーチで、オカリナの練習をしました。






きれいな夕日が沈んでいきました。







明日は戦争記念館へ行きます。
知られざる日本とオーストラリアの戦いの歴史がありました。







ではまた次回に〜(^^)





ウルルツアー④〜キングスキャニオンへ〜







さあ、2泊3日のウルルツアーも最終日になりました!
(以前の記事で3泊4日と記載していましたが間違いでした。すみません、、、)









最終日は、このツアーもう一つの目玉である「キングスキャニオン」に向かいます!


他のウルルツアーでは、「風の谷」というところにも行ったりするそうですが、トラトラのスタッフさんのおすすめで「キングスキャニオン」を選びました。





さすがはトラトラさん、期待を裏切らない素晴らしい絶景を見ることができましたよ。
では、ご覧ください。









今日ももちろん早朝スタートです。
朝日が登る前にキングスキャニオンに到着しました!









おしゃれな帽子が目印のキングスキャニオンの看板。
6km3時間半のコースを歩きます!









Safety is your Responsibility.
安全は自分の責任で守ってねってことです。
慎重に行きましょう。







さあ、山登り(?)スタートです!









まだ日が差していませんが、険しい岩肌が見えています。








キャニオンと聞くと、グランドキャニオンを思い出しますが、キングスキャニオンもなんだかそんな雰囲気がある気がします。
渓谷ですかね。よくわかりませんがw








少しずつ日が差してきました。
みんなで見守ります。









岩肌に火が灯りました!










少しずつ少しずつ・・・







だんだん赤くなっていきます。
エアーズロックの朝焼けを思い出す赤色です。








ついに朝日とご対面です。








幻想的な景色を横目に進んでいきます。









綺麗な景色に目を奪われていると、命まで奪われてしまいそうです・・・。








これだけの絶景が見られるなら、いくらでも早起きができそうです。
それだけの価値がある景色。
いつまでも見ていたいですが、ほんの一瞬で終わってしまいます。









きれいな景色でした。









途中で見つけた花。
トマト(?)のような身をつけています。







ゴツゴツとした岩肌を横目に進んでいきます。








お調子者コロンビア人w
さあ、死なないでくれよ。










赤く焼ける岩肌を進みます。









狭い道を通ると









大きな広場が現れます。










後ろを振り返るときれいな朝焼けがまだ残っています。










木や花も生えています。
日本にはない植物ばかりなんでしょうか。










キャニオン=渓谷らしさが出てきました。
断崖絶壁です。
滑落して亡くなる人が絶えないそうです。









綺麗な景色ですが、気をつけてください。











気をつけてください。
死ぬなよ、ネストル。










広大です。
疲れますね。
歩き続けます。










崖からは離れましょう。
日本語表記もあります。
ちなみにこのツアーは基本的に英語のツアーしかないみたいです。










景色が壮大です。
広すぎて地平線が見えます。








切り立つ崖。
あんなところから落ちたらと思うと、寒気がします。







(※お構いなし野郎ネストル)



彼は何度か女性ガイドさんに怒られていました。










砂漠の空は雲一つなく、岩肌が綺麗に映えます。









ん〜、なんか古いみたいです。







こういう模様のレンガとかありそうですね。」

















高山植物ならぬキャニオン植物でしょうか。
なんだか不思議な花です。









渓谷はこんな感じの道を通って、渡っていきます。




































上がったり、下がったりを繰り返します。
体力がいるコースですね。









上の方にある池。
こんなところにまで水があるのは、雨が降るのでしょうか?
透明できれいです。









断崖絶壁を横目に進みます。








広い平な道に出ました。
ここから平坦な道を進んでいきます。









ついに下り坂へ!
帰路につきます。









結構しっかりとトレッキングしました。
6kmでそんなに時間かかるのか?
と舐めてかかりましたが、結構体力がない人にはきついかもしれませんね。


でも、絶対おすすめです。
上まで行かないとあの絶景は見られなかったでしょう。
満足です!










さあ、2泊三日のウルルツアーも全日程を終え、アリススプリングへ帰ります!











数時間バスに揺られましたが、バスでの長旅は慣れたもので、案外あっさりと帰ってきました。
ツアーで一緒だったメンバーと別れを告げ、最初の宿に戻ります。
ありがとう、みんな。
ありがとう、ネストル。












看板猫がお出迎え。







宿では新しい人たちと出会いました。


同じ部屋に泊まっていたアメリカ人のサムとご飯を食べに行くことに。
結局良い感じの店がみつからず、マクドナルドへ(笑)


サムはこれからエアーズロックツアーに向かうとのことで、ツアーの話をしました。
またこの後もパースで一度出会うことになります。


最後の最後に良い出会いができてよかったです♪







二泊三日のウルルツアーも無事に終了しました!


なかなか日本からの旅行では勇気がいるエアーズロック。
じっくりたっぷり堪能できて大満足です♪





今回の二泊三日ツアーは前後のアリススプリングでの宿泊も含めて409$でした!
安くはありませんが、英語ツアーでテント泊なのでお手頃なのかな?




アウトドア好き、キャンプ好きの人には良いのではないでしょうか(^^)
何かの参考になれば幸いです♪








では、次回はダーウィンに飛びます!
目指すはカカドゥ国立公園です。


まだまだ冒険は続きます。
ご期待ください。










ウルルツアー③〜朝焼け&エアーズロック一周〜






さあ、昨日はエアーズロックの夕焼けを拝んできたましたが、今日は朝焼けを見に行きます!





早朝早起きして、日がさす前にエアーズロックに向かいます。
寒い。眠い。





今日はかなり近くまで来て、歩いて散策にでかけます。
これから朝焼けを見ながらエアーズロックを一周します!







日が登りきる前に到着しました。
朝焼けがきれいに見える場所まで急ぎます。
エアーズロックの周りを歩いて一周するのは3時間くらいかかるとのこと。
トレッキング気分でスタートです!







空がだんだん明るくなってきました。
ウルルはどんな表情を見せてくれるのでしょうか。








なんだかいろいろな模様が浮かんでいます。






この模様、何に見えますか?
ゴリラですよね?
ゴリラ岩と名付けますw









訪れることがあったら、探してみてくださいね、ゴリラ岩(笑)








さあ、だんだん日の出が近づいてきました。
ワクワクしてきます。










そしてついに・・・











きました!
エアーズロックの朝焼けです!
煌々と赤く燃えているようです。








大きな一枚岩がゆっくりと照らされていきます。
神々しく輝くウルルにただただ見とれてしまいます。









いつでもどこでも見られる朝日ですが、これほどまで神秘的な景色を見たのははじめてです。
ここでしか感じることのできない感覚です。







きれいな朝焼けを見せてくれたのは、ほんの一瞬でした。
太陽が水平線から浮かんできた、ほんの数分間だけ、エアーズロックは燃え上がります。
毎日エアーズロックと共に暮らすアボリジニの人たちが崇拝し、崇めているのがよくわかります。
「世界遺産」という言葉だけでは語れない偉大さを感じました。









探索を続けます。









こんな風にエアーズロックの脇を遊歩道が通っています。
半ばエアーズロックの上を歩いてるような時もあります。








まわりには木が生い茂っていて、林のようになっています。







口に見えませんか?見えますよね?
おばけ岩と名付けます。








おばけ岩の口。
可愛らしいような、おぞましいような。
そんな気はウルルにはないでしょうが。







ハートもみつけました♡
みつけたら幸せになれるかも??







水があるところもあります。
きれいな水です。







ところどころにアボリジニの壁画が残っています。
実際に見てみると、これだけのものが何十年、何百年残っているってすごいことだなと思います。








ウェーブロック的なところもあります。
なんでこんな風になるんだろう?



時間がギリギリだったので走って見に行きました。
結局後からみんなで見にいくことになるんですがw







現地の(?)アボさんにお話を聞きます。
右の人が通訳です。
アボさんの言葉はさっぱりわかりませんね。
でもこうやって現地の人のお話を聞けるのは貴重な体験。
聞きなれない言葉に耳を傾けます。








きれいな水辺がありました。








僕たちのツアーでは登りませんが、登山(登岩?)している人たちも見かけました。
というか、現地のツアーでは基本的にエアーズロックは神聖なものとされているため、登ることはありません。
登っているのは日本人や中国人が多いそうです。
まぁでも確かにアボリジニの人たちが崇めている神聖なウルルに登るっていうのは、確かに失礼な気もします。


そして、2019年10月26日をもって、登山は全面禁止になるそうです!


ちなみにエアーズロックを登るのは、かなり危険なようで、毎年滑落者が絶えないそうです。
中止になることも多いようですが、もし何が何でも登ってみたいという人は、今が最後のチャンスになりそうです!








鎖も何もないむき出しの岩を登って行っているようですね。
風が吹いたり足を滑らせたら・・・。
まぁでも登ってみたい気もありましたが(笑)







思う存分ウルル探索を堪能しました♪
偉大な存在感を示してくれたウルル。
訪れることができてよかったです。







砂漠らしい大地を歩きます。








何百、何千kmと続く道路を走っています。







と、走っている途中でバスが停車。
なんだろう?








なんと、今日の夜ご飯のバーベキューで使う木を集めるとのこと!
なんてワイルド!
そこらの落ちてる木も乾いてるのかな?
みんなで拾ってきて、バスに積み込みます。







が、しかし、、、
何かトラブルがあったらしく、使う予定だったキャンプ場が使えなくて、結局バーベキューはなにしになりました(笑)
ちょっとやってみたかったな〜。








と、いうわけでいつも通りご飯を作ります。
鍋がでっかいし、具材の入れ方が豪快です(笑)
これがオージー料理か!








ツアーで仲良くなったコロンビア人のネストルがお酒を持ってきてくれていました。
みんなでショットグラスをまわして飲みます。
強〜いお酒でしたが、これも海外の文化に触れた気がしてよい思い出になりました♪








今晩はカレーです。
やっぱりキャンプといえばカレーは全世界共通なのかな?
でもやっぱりカレーは最高です。







よき1日でした。
たくさん歩いて疲れたのでぐっすり眠れそうです。
ネストルの持ってきたスピーカーで音楽を聞きながら眠りました。







次は、ツアーのもう一つの見せ場、キングスキャニオンに向かいます。
(個人的にはこっちの方が迫力満点のツアーで好きかもしれない)






ではまた次回に(^^)♪