フィリピン留学から世界へ

フィリピン留学を経て旅した各国の様子を書いていきます。

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリ、南米、アメリカ旅と続きます。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

独自ドメインでもブログを作ってみました。
「はらブログ〜フィリピン留学から世界へ〜」
http://haragh.com/

語学学校へ〜Australian Pacific Colledge〜







落ち着いた生活を手に入れて、オーストラリア生活にも慣れてきました。


次は語学学校探しです!








日本を出る前からお世話になっているAIC (Australia Information Centre)。
フィリピン留学を経て、オーストラリアに行きたいという要望にも柔軟に対応してくださって、オーストラリアに入ってからサポートを受けています。


シドニーの支店に向かうと、日本人スタッフの方がオーストラリアの生活について様々なアドバイスをしてくださいます。
オフィスはハイドパーク前の建物の中にあります。


ビザの取得であったり、現地での手続き、銀行口座の開設、学校の紹介等、本当に何もかも相談しました。


しかも無料エージェントなので相談や契約にお金はかかりません。



是非、オーストラリアで留学を考えている方は一度日本で相談されると参考になるかと思います。


https://www.aicjapan.jp/










ということで、学校のパンフレットやら、比較やらをして、学校を決めていきます。


どの学校も授業風景やら、アクティビティやら、色んな楽しそうな情報が載っています。
中でも僕が選んだ基準としては、「値段」と「外国人の比率」と「立地」です。




色々と悩んだ末に"Australian Pacific College"に通うことにしました!



家から歩いて通える範囲で、街の中心に近い場所にあります。
そして1ヶ月間の授業料が1000ドル程度と、割安です。
外国人の比率もそこそこで、アクティビティも充実していそう。







ということで、本場の英語学校スタートです!




一月の中で、入学日が決められていて、その日に説明と軽い面接や試験があります。
その試験の結果に応じてクラス分けされ、月に1度ある試験を受験して、上のクラスへ上がっていくというシステム。
僕は1ヶ月しか通わないので、できれば上のクラスから始めたい。
ので、面接で上のクラスにしてほしいと頼みました(笑)




その甲斐あってか、中級レベル程度のクラスに入れてもらうことができました。




クラスには生徒が15人くらいです。
国籍は様々で、日本人は自分以外に二人いるようです。
コロンビア人、韓国人、タイ人、日本人で構成されたクラス。



先生はニュージーランド人(だったかな?)のおおらかなおじちゃん先生。
さっそく英語で授業が始まるのですが、喋りが早すぎで、全然何を言っているのかわかりません(笑)
いや〜ネイティブの話はフィリピンの比じゃない。
フィリピンでバッチリ英語が喋れるようになった気でいたけれど、これはちょっと焦ってきました。



生徒たちもめっちゃいい人たちばかりです。
特にコロンビア人は全然人見知りというものをしない正確なのか、気さくでノリがいい。
間違った英語でも御構い無しに、とにかく喋る喋る。
このコミュニケーション能力があれば、ぐんぐん英語も喋れるようになるんだろうな。


人見知り日本人のままではダメだ!と思います。


タイ人の女の子とも仲良くなりました。





ただ、お昼はやっぱりグループとかができあがっていて、なかなか輪に入れない´д` ;
せっかく外国人といっぱい関わるチャンスなのに・・・
うーん、自己嫌悪。







と、何日か経った時の授業で。
午前中の授業の終わりに、なんだか突然盛り上がり出しました。
授業でやってることはなんとなくテキストとか見てわかるようになってきていたけど、今回は授業のことじゃない様子。
んー、わからないまま授業が終了。



で、いつも通りお昼ご飯。
かと思いきや、何やらみんな、鞄を持って出て行こうとしています。
あれ?いつもとなんか違うぞ?


結局分からないまま、クラスのみんなの流れる方へついていきます。
なんかもう学校終わり!みたいな雰囲気で学校の外へ。


よくよく話を聞いていると、だんだんわかってきました。
先生がクラスのみんなにお昼ご飯をご馳走してくれるとのこと!
しかもビール付、なんて太っ腹!さすがオーストラリア!


ちなみにその先生は道端のホームれるにもお金を普通に渡していました。
うん、そんな人間になりたい。




そして、おしゃれなお店でご馳走になったのはピザ!

なんのピザかというと、「カンガルー」と「エミュー」!
まさかこんな形でオーストラリアで初めてカンガルーと出会うとは!笑
とってもおいしいお肉でした。


Thank you, teacher!





その後は近くの街をみんなで観光しました。

何やら歴史あるお店。らしい。


お化けのイベント。






休みの日の勉強は図書館でします。

雰囲気のある図書館。



みんな静かに集中しています。










ネイティブの英語の恐ろしさを感じたのと、外国人の人たちの中に自分がいるという新鮮さを感じた学校生活。


喋るのは難しかったけど、文法は他の国の人たちより遥かに得意なことにも気がつきました。
喋れないと意味がないのはそうなんだけども、日本でやってる英語も全く無意味ではないんだなと改めて感じました。


やっぱり喋れるようにはなりたいけどね。





フィリピンの話に戻ると、フィリピン人は英語ネイティブじゃないのに、英語喋れる人がほとんど。
それは学校できちんと英語が喋れるようになるから。
フィリピンでは英語の授業は全て英語でおこなうそう。
「母国語で英語の授業をするのになんの意味があるの?」って普通に言われた。
なるほど。やっぱり耳から英語を聞きまくるのって大切なんだなと。
日本では外国人の先生が現場から離れて行っているけど、それでいいのかな?と思う今日このごろでした。












ではまた次回にお会いしましょう♪









人生初のシェアハウス&ちょっと質問です





記事を書く前にちょっと質問です。



教えていただきたいのですが、ここの紹介文を直したいのですが、直し方がわかりません・・・

ご存知でしたら教えてください(^^;;










オーストラリアに着いてから、10日近くバッパーを転々とする生活を続けてきました。
しかし、予約の関係や宿泊費の関係、何より精神的な不安定さが拭えません。



と、いうわけで長期で住めるシェアハウスを探します!







ちなみにシェアハウスとは、何人かで同じ部屋や賃貸を借りて共同で生活するというもの。
一人暮らしと比べて家賃が安くて住みます。
キッチンや洗濯機、シャワーなどは共同で使うことになるため、外国人の人たちと一緒に済めば、自然と英語での会話も増えることになります。
もちろん不便なことも多々ありますが、「安くて英語の練習ができる」のが僕にとっての大きなメリットでした。
色んな情報交換もできますしね。









シェアハウス探しには”Gumtree”というオーストラリアの情報サイトを使いました。



基本的に英語のサイトなのでもちろん家主さんとのやりとりも英語です。
メッセージはある程度やりとりができるけど困るのは電話でのやりとりでした。
英語を聞き取って瞬時に答えなければならないと言うのがやっぱり日本人的にはまだ難しいです。



いかにフィリピンの先生たちが自分のレベルに合わせて喋ってくれていたのかがよくわかります。
英語を話すことに抵抗はなくなりましたが、聞き取るのはまだまだ特訓が必要です。



とりあえず一件、家主さんと連絡を取り合って部屋を見に行くことにしました。
街の中心から近く、何より家賃が飛び抜けて安い物件。
見に行ってみるとなかなかキレイなマンションです。
きちんとオートロックもついている。これはいいんじゃないか?



部屋の中に入ってみると、、、


1つのマンションの中に20人近くの人が住んでいます。
ん?これは法律的に大丈夫なのか?


しかもそれぞれの部屋(スペース?)は、リビングを段ボールで区切っただけの避難所のようなスペース。
そして何より台所に積み重ねられた使用済みの食器の数々。汚い。
この物件は即却下。
1件目にして、オーストラリアの都会の闇を見た気がします(笑)






次の物件は街の中心から程近い場所にある物件。家賃はやや高め。
ここも何とか家主さんと電話連絡を取り合って、見学させてもらえることに。
シェアハウスの中には日本人もいるらしく、実際に部屋を案内してくれたのは住んでいる日本人の若者。


玄関を入ると大きな共有スペースがあります。



キッチンもあります。


前に見たシェアハウスと比べて比にならない綺麗さ(笑)


洗濯機は共用で、洗剤等は自分で買ったものを使います。


シャワールームは男女別で2つありました。




寝室は2部屋あって男部屋と女部屋に分かれています。


男部屋は二段ベッドが二つあり、4人で生活します。

狭いので、完全に寝るだけの部屋です。
クローゼットも4人で区切って使いました。



さらにここに住んでいる人は、8人中日本人が3人ということです。


日常での英語の会話という点では少し不満が残りますが、やはりキッチンの綺麗さと何でも相談できる安心感があります。
たった2件しか回っていませんがここにすることにしました!




家賃は週160ドルです。(やっぱ高いです。)
ちなみに同じくらいの家賃でジムが着いているようなところもあるそうです。




シェアハウスに住んでいる人は韓国人の女の子が1人、タイ人男性が1人と香港人男性1人。
あとは日本人が4人でした。



みんなすごく気さくでいい人たちばかりでした。
特に日本人の男の子には色々と教えてもらったので、やっぱり日本語が通じる環境はありがたかったかなと思います。
タイ人男性も優しくて、英語で色んなことを教えてもらいました。
香港の男性は、電話の声がめちゃくちゃうるさかったですが、よく喋りかけてきてくれて、英語をよく練習させてもらいました。



残念だったのは、ハウスに住んで英語での会話が増えるかと思っていたけれど仕事から帰ってくる時間がみんなバラバラだったこと。
なので、以外と会話の時間はあまりありませんでした(/ _ ; )








シェアハウスに切り替えて自炊ができるようになりました!


ご飯が炊けるのは最高!


すごくお世話になった辛ラーメン。









さあ、そんなこんなで落ち着いた生活ができるようになりました!


今度は本格的に英語を学ぶ語学学校に通います。


オーストラリアの学校はどんなところなんでしょうか(^^)?








また次回もよろしくお願いします!








物価高ッッッ!!オーストラリア編スタート






ついにフィリピンを出発し、オーストラリアにつきました。







オーストラリア編で書いていこうと思う記事を、先にざっとまとめてみます。


・人生初のシェアハウス生活!
・語学学校へ〜Australian Pacific Colledge〜
・相方さんと4ヶ月ぶりの再会
・ブリスベン〜海外の教育を見に来た後輩〜
・フレーザーアイランドー世界一の砂の島—
・エアリービーチ〜出会った良い仲間たち!〜
・ケアンズ〜グレートバリアリーフでダイビング〜
・ケアンズ〜熱帯雨林キュランダ〜
・ケアンズ〜日本人仲間とカレー作り♪〜
・ウルル〜世界の中心?エアーズロックへ〜
・ダーウィン〜戦争を外の立場から見直す〜
・雄大な自然—カカドゥ国立公園—
・ブルーム〜オーストラリア1気に入った町〜
・ブルーム〜初めて海外で迎える誕生日〜
・ブルーム〜シンジュマツリと“月の階段“〜
・西オーストラリア縦断バスの旅
・ロットネスト島〜自然の宝庫に本物のピカチュウ?〜
・パース〜オカリナで1000ドル稼いだ話〜
・メルボルン〜自分で値段を決めるレストラン〜


他の記事も思いついたら挟むかもしれませんが、こんな感じのオーストラリア生活&オーストラリア一周旅について書いていきます。


オーストラリア編のあとは”南米編”、”アメリカ編”と続く予定です。


お楽しみに(^^)♪









では、オーストラリア編スタート!!!









食品の持ち込みはめちゃくちゃ厳しいと聞いていた入国審査。
できる限り食べ物やお土産なども申告漏れがないように全て記入。
後からバレたら何万円も罰金支払わないといけないから、真面目に。


そしてドキドキしながら入国審査へ。
キャリーバックの中身も一つ一つチェックされるんかな?



犬がおる。おー、匂いを嗅ぐんやな。ふむふむ。



そこを通り過ぎます。



入国しました。







え?終わり?






ほぼスルーやん(笑)
申告していたお土産についても持ち込んだ食べ物についても一切何も聞かれませんでした



拍子抜けとはこのことか!
フィリピンの時とは比べ物にならないくらいにあっさりと解き放たれました(笑)





とにかく無事に入国。
こんにちは。シドニー。


空港からは電車に乗って市内まで向かいます。


空港から街まで移動にかかったお金は17ドル。
1700円!高ッッッ!!


フィリピンの暮らしに慣れていた自分には衝撃的な物価の高さ!
自販機のジュースは4ドルとかやし。
もう既にこの国で生きていける気がしません・・・


なんか近未来的な2階建て電車。





駅を降りると、駅もヨーロッパ風です。

なんだかオーストラリアに来たんだと言う感じです。




まずは予約していたバックパッカーの宿を探します。


迷って色んなところをゴロゴロとキャリーバッグを引いて歩きます。
そしてついに見つけたバックパッカー。


フィリピンでは見られないような小綺麗な感じ。
1階が受付です。
インターネットが使えるスペースがあったり、くつろいでお喋りするソファがあったり、バーベキューをしたりできるようなスペースもあります。




なんだか元気な人たちがいっぱい。
人見知りの自分はなかなかグループに入ることができません。
三日間位この宿には泊まったのですが結局友達はあまりできませんでした・・・


でも日替わりで面白いイベントがあってハンバーガーが安い日、ホットドックが安い日などいろんな催しがやって、毎日盛り上がっていました。





フィリピンの先生とMessengerでやりとりをしていたところスカイプでビデオ通話がかかってきました。
普通にビデオ通話をするだけでも緊張するのにSkypeで音がうまく聞き取れません。
ほとんど会話も成立しないまま終了(笑)



そんなこんなでその宿には3日間くらい滞在しました。
生まれて初めての外国人とのドミトリー。
噂には聞いていたけどヨーロッパ人は整理整頓はしないけどみんないい人ばかりでした
ワーホリで働いているという人もいました

まだ全然綺麗な方か。





新しい国は、ただ散歩するだけで楽しい。

大きな公園があったり。
シドニーの中心ハイドパーク。


大きなチェスがあったり。


街中におしゃれな鳥がいたり。



都会です。


おしゃれなショッピングモールもあり。
Queen Victoria Building. 通称QVB。


我らが無印良品もあり。










とにかく物価が高いので食べるものは1ドル以下のパンやリンゴなどの安いものばかり。





最初の宿から、街の中心にあるバッパーに移動します。
最初の宿とは打って変わって値段も安くて、でもボロボロな感じの宿でした。




さすがにこのままバッパー生活をしているわけにはいかないので次回からはシェアハウス探しです。











さぁ、一体オーストラリアでの生活はどうなっていくのでしょう。





また次回、お楽しみに(^^)♪