フィリピン留学から世界へ

フィリピン留学を経て旅した各国の様子を書いていきます。

3ヶ月のフィリピン留学の体験記です。その後、オーストラリアでワーホリ、南米、アメリカ旅と続きます。

「英語が喋れたらかっこいいな」
そんな思いを捨てきれず、社会人も二年目。
思い切って仕事を辞めて海外へ。
外国人と喋れないような大人になるのは嫌だ!

独自ドメインでもブログを作ってみました。
「はらブログ〜フィリピン留学から世界へ〜」
http://haragh.com/

ウルルツアー①〜ラクダやらエミューやら牧場〜







更新が滞ってしまいました。
まだまだ新米ですね(ー ー;)
目指すは毎日更新です!









さあ、早起きして今日から2泊3日のウルルツアーへ出かけます!








宿にピックアップに来てもらうのですが、他にも別のツアーのお客さんがいて、何度か違うバスがやってきます。


最後まで取り残され、かつ到着時間にも遅れていて、時間を間違えたかと心配していた頃にバスがやってきました。
この辺りの確認がないから、物凄い不安ですよね(ー ー;)




とにかく無事に拾ってもらうことができました!
さあ、出発!





だんだんと夜が明けてきました。
砂漠の朝の始まりです。








Good morning.
砂漠の大地をひたすら進んでいきます。









こんなバスで行きます。
砂漠の赤土の上を超長距離走るので、四駆の馬力ありそうなバスです。
ちなみに運転手さんは女性です。










さっそく軽〜く2時間くらい走って停まりました。
どうやらラクダがいるようです。










いました!
めっちゃくつろいでます!


背中には人が二人乗れるようになっています。
フタコブラクダですね。










オーストラリアの巨鳥、エミューです。
ピザで食べて以来のご対面(笑)
生きているエミューは初めて見ました!でっかい!










オーストラリア中にカンガルーはいるわけですが、どこのカンガルーものんびりしているイメージ。
砂漠のカンガルーは暑いでしょうね〜。











近寄ると寄ってくるあたり、動物園の動物みたいです。









ロバみたいな顔。










鳥のいるサービスエリアに停まったりもしました。










いくらかでラクダに乗れる感じだったのですが、見ているだけで十分なので乗らず(笑)









この子はなんだろう?リャマかな?
わかりません。










いかにも砂漠の蟻って感じの獰猛そうな蟻たち。
さすがに噛まれたらヤバい気がする・・・。
こりゃ夜に野宿なんか絶対にできんな。









キャメルファームでした。












続きましてはエミューファームです。








めっちゃいっぱいいました。
そして、めっちゃ走り回ってます。
やんちゃ坊主たちに追い回されてました。











いよいよそれっぽいところに来ました!
エアーズロックが迫っていると思うとわくわくしてきます♪








遠くに見えるあれがエアーズロックか!


、、、ではなかったようです(笑)
でもこんな壮大な景色見たことない!


This is Australia!!
I'm in Australia!!
っていう感じです。










あんなでっかい岩でもエアーズロックじゃないんだな〜。
本物はどんなんなんだろ?
楽しみ楽しみ。










砂漠にもおしゃれなレストランがあります。









ここでは食べません(笑)











またなんか鳥がいっぱいいます。









オーストラリアのこういう気の抜けた感じのイラスト結構好きです。









砂漠の大地をひたすら走っていきます。
広大な同じような景色が延々と続きます。











さあ、5時間くらい走り、いよいよキャンプ地につきました!
ドライバーさん、すごいな。ちなみに女性です。








今夜の泊まるキャンプです!
砂漠でキャンプなんてなんだか素敵ですね♪









自分たちのツアー以外にもたくさんの人がいます。










お昼ご飯はバスに積まれた食材を使って、自分たちで調理します。









なんだかキャンプっぽい感じでいいですね。
ツアーの参加者たちと会話しながら楽しく調理していきます。
調理の班があって、それぞれご飯ごとに交代していくシステムだそうです(笑)












さあ、このあとはいよいよエアーズロックを目指します!
どんな景色が待っているのでしょうか。




お楽しみに〜(^^)









アリススプリング〜世界で最も大きな教室〜






さあ、ケアンズへの長距離バスの旅もひと段落しました。


次に目指すはオーストラリアの中心、大砂漠アリススプリング!



アリススプリングへも陸路で行けるんですが、時間もかかるので、今回は飛行機でひとっ飛びです。
あ〜、やっぱり飛行機は楽でいいな〜。








オーストラリア国内線と言えばカンタス航空です!
いざ、久しぶりの飛行機へ。








広大な大地の上を飛んでいきます。
海がまったく見えない、今までに経験したこともない飛行機。
改めてオーストラリアはものすごく巨大な大陸であることを実感します。









ONE PIECEで言うとレッドラインみたいな山?丘?山脈?
どうしてこんなラインができあがるんだろう?
地球の不思議を感じます。









到着しました。
めちゃいい天気!
砂漠だからかな?








シャトルバスに乗って街に向かいます。










なんだか海辺の潤った場所ばかりまわっていたので、オーストラリアとは思えない大地です。
岩だらけ、砂だらけ。









本日の宿、Alice Lodge Backpackers。
ここの宿泊と3泊4日のエアーズロックツアーのセットで申し込んでいます。
街の中心からは少し離れます。






この宿では韓国人とアメリカ人と仲良くなりました。










こんな砂漠の真ん中にもちゃんと芝生の公園があります。
素晴らしいオーストラリア。










さっそく散歩にでかけましょう。










さっそく巨大なとかげが現れた!
本物じゃなくて銅像でしたw











川なんですが、水があまりありません。










干上がっちゃってますね。










街が見えてきました。









街には小さめのショッピングモール的なものがありました。












フードコートでご飯探しをします。










これはカソワリーではなく、エミューです。









フードコートで見つけたパンに肉まんの具をはさんだような食べ物。
おいしかったです!











マクドナルドもありました。
なんだかアメリカみたいな雰囲気があります。










でっかいトラックも行き交っています。










キャンピングカーもたくさん。
オーストラリアをキャンピングカーで一周したらめちゃくちゃ楽しいだろうな〜。









さらに歩きます。
次に目指す場所は、アリススプリングの学校です。









また違った公園。









どうやって遊ぶんだと思います?笑









アスレチックもありました。









そんな感じでしばらく歩き、目的の学校につきました。







こちらがアリススプリングにある学校。
School of the Air.
「世界で最も大きな学校」


名前の通り、この建物に子どもが集まるのではなく、この建物と他の場所にある施設を中継で結んで授業をします。
オーストラリアの中心は広大な砂漠が広がり、自宅と距離がありすぎて学校に通えない子どもが出てきます。
そこで自宅から学校までの距離が50km以上離れている子どもたちに向けて作られた学校がSchool of the Airです。
自宅が1000km以上離れている子どもたちも繋がることができる遠隔教育期間が誕生しました。


繋ぐ教室の大きさは130万平方km。
テキサス州の2倍、イギリスの10倍と、まさに「世界で最も大きな学校」です。


学級があり、担任もいます。
年に一度の家庭訪問は一泊になることもあるとのこと。
勉強方法は、一日中オンラインで勉強をするのではなく、家庭教師や通信教材を用いて学習をします。
図工用具や文房具も学期の始めに支給されます。


ちなみにこの学校の教育水準はノーザンテリトリーの学校の中で上位10%に入ります。


遠く離れた土地に住む子どもたちにも、しっかりと高水準の教育が受けられるよう、様々な工夫がされていて、オーストラリアの教育の熱心さを感じます。
こういった子どもたちを見捨てず、社会に繋げてあげることはとても大切だと思います。












たくさんの人の思いがあってできあがった学校です。










中では実際に授業の様子や、資料、教材を見ることができました。









オーストラリアならではの学校ではありますが、日本の教育にも大きなヒントになる部分があるのではないでしょうか。
普通に教育を受けることが難しい子どもたちのためにここまで力を注いで環境を作り上げた努力が、オーストラリアの教育のすごさなのかと思います。











またここで教育を受けた子どもたちが世界に羽ばたいていくのでしょう。










よい勉強になりました。


街へ戻ります。






帰る途中でしょうもない遊びをひとつ。







帰り道にこんな岩が!










ででーん。







そびえ立つ岩。









・・・ではなく、実はこの石です(笑)










角度によってはこんな詐欺写真が作れてしまうんですねw
なんだか楽しくなって、10分くらい撮ってました(笑)









そんな砂漠の街アリススプリングです。


今後は今までのリゾートっぽい感じとは真逆の砂の大地での旅をお届けしていきます♪






お楽しみに(^^)


グレイハウンドの使い方〜シドニー→ケアンズ〜








ここまでシドニーからケアンズへと北上してきました(^^)






今回は陸路移動でお世話になった長距離バス「グレイハウンド」についてまとめていきたいと思います。







オーストラリアをラウンドするにも色々な移動手段があります。
・長距離バス
・飛行機
・車
・ヒッチハイク
・電車
・自転車
・移動型ツアー
といったところでしょうか。


このような移動手段を組み合わせて自分らしいラウンドを組み立てることができます。








それぞれ移動手段にはメリットがあります。



・友達と車をシェアすれば、体力はいりますが、行きたいところにどこでも立ち寄れる自由が得られます。
オーストラリアは中古の車が安くで手に入るので、ものによっては10万円くらいで車も手に入るでしょう。
車を運ぶという名目で安くレンタルするサービスもあるようです。







・最も多くの人がラウンドでお世話になるであろう、長距離バス。
車ほどの自由はありませんが、行きたいところを転々と回ることができ自由度も高いです。
グレイハウンドだと毎日便がありますが、西オーストラリアの長距離バスは週に数本と、日が決まっています。
他の交通手段と組み合わせることもでき、柔軟な旅が可能です。





・飛行機は、移動時間が短くて済むのが魅力です。
LCCも運行しており、場合によっては安く移動できます。
あまり時間はないが、「有名な観光地をまわりたい」といった場合や「距離が遠いが、途中にあまり興味のある場所がない」といった時に取り入れていくと良いかと思います。
5ヶ月前に予約するのが安かったり、直前で購入すると安い場合もあるようです。




・ヒッチハイクはお金がかからないし、現地の人や旅行者と関わることができ、人との出会いを楽しみたい人にはおすすめです。
場合によっては食事を一緒したり、お家に泊めてもらったりといったこともあるでしょう。
ただし、停まってもらうのには少しコツがいるので平気で数時間待ったりすることもあります。
また、自由度もあまり高くありません。
しかし、せっかく広大なオーストラリアを旅する上で、旅人ならば一度は挑戦してみてほしいなと思います。
1対1だと英語を話す練習にもなりますよ。



・電車は一部の都市に限られるため、ラウンドの移動手段としてというよりは、滞在した都市の中での移動手段に限られるかと思います。





・自転車でオーストラリアを回っている話はあまり聞きませんが、だからこそできたらものすごい話のネタになると思います(笑)
体力に自信があればでしょうか。ロードバイクはオーストラリアでとても人気があります。



・ラウンドの際に一つ視野に入れておいてもらいたいのが移動型ツアーです。
例えば、「アリススプリング→ウルル→アデレードorダーウィン(6泊7日)」といったツアーや20日くらいかけて西オーストラリアを観光しながら縦断するツアーもあります。
たくさんのツアーが組み込まれるため単価は高くなりますが、多くの観光地をまわろうと考えているならお得になるでしょう。
長期間になる場合はツアーでの仲間との交流も深めることができます。








ちなみに僕のラウンドは
シドニー→ケアンズ・・・長距離バス(グレイハウンド)
ケアンズ→アリススプリング・・・飛行機
アリススプリング→ウルル→アリススプリング・・・ツアー
アリススプリング→ダーウィン・・・飛行機
ダーウィン→ブルーム・・・長距離バス(グレイハウンド)
ブルーム→パース・・・Integrityバス(長距離バス)& ヒッチハイク
パース→メルボルン・・・飛行機
と組み合わせてまわりました。








その中でも今回は、僕が大変お世話になった長距離バス、グレイハウンドについて紹介していきたいと思います!


尚、細かいチケットのとり方などは複数のサイトで掲載されているので、割愛します。




まず、長距離バスと一口に言っても、色んなチケットがあります。
・単純に◯◯→◯◯までといった指定チケット
・One way(片道)、Return(往復)チケット
・Hop on Hop offチケット
・キロメーターパス(1,000km〜25,000km)
などなど・・・






その中で僕が今回シドニー→ケアンズ間で利用したチケットは"Hop on Hop off"のチケットです。



これは
「一方通行で乗り降りし放題」
というチケットです。
ケアンズやシドニー、メルボルン、アリススプリング等、幅広い地点を結んでいます。
有効期限は90日間となっています。



乗る日の前日までにインターネットでその都度予約をして利用します。
前日までは予約の変更が可能なので、予定の変更にも柔軟に対応できます。



当時の値段は425$でしたが、現在は445$で買えるようです。
セールがあるともっと安く買えるようです。



飛行機の方が速いし、値段も安いかもしれません。
しかし、魅力は非常に自由度が高いこと。
自分の興味のある場所に好きに立ち寄ることができるし、気に入ったら数日滞在して出発といったことも可能です。
興味のない場所はとばしても構いません。
オーストラリアの広大さを、肌で感じることができますよ。



僕は
シドニー→バイロンベイ→ゴールドコースト→ブリスベン→ヌーサ→ハービーベイ(フレーザー島)→エアリービーチ→タウンズビル→ケアンズ
とおよそ2週間かけて旅しました。






WiFiが繋がったり、繋がらなかったりします(笑)
USBポートがあるので、充電は困りません。
トイレ休憩が数時間に一回あります。






注意点としては、冷房が寒いこと!
冬でも半袖のオージーやヨーロッパ人と、日本人の肌感覚は違うので、上着は用意しておいたほうが良いです!








オーストラリアを度する人の力になれれば幸いです(^^)





ではまたお会いしましょう♪